新聞・雑誌・WEB・TVクリッピング/情報収集

ごあいさつ

代表取締役社長 麻生 康式

ELNETはお陰様で2021年、創立35周年を迎えました。
1986年の創立以来、「新聞、雑誌は社会の宝、貴重な情報源である」との認識に立ち、株主やユーザの皆様そして、数多くのステークホルダーの皆様に支えられ、着実に成長を続けて来ることが出来ました。

IT改革、情報戦略改革が求められる中、ELNETが提供しているクリッピングサービスが、それらの課題へのソリューションとして受け入れられ、今では1200を超える企業・官公庁でご利用いただいております。

昨今の新型コロナウィルスの拡大は、世界経済の停滞をもたらしただけでなく、情報共有の難しさ、デジタル化への遅れなど、全ての企業に内在していた様々な課題を浮き彫りにしました。外部環境が大きく変わり、今までとは異なる「New Normal」な働き方が求められる中、我々も時代のニーズに対して大胆に、そしてスピード感をもって変わっていかなければならないと考えております。

そのような状況認識のもと、我々は中期経営計画「EL Rebornプロジェクト」として、2025年度までの行動・予算計画を策定いたしました。「Not Stay Here」を合言葉に、現状に甘んじることなく、成長と安定を同時に求めていこうとの強い決意を込めております。
また、この先もELNETが世の中にとって必要な存在であり続けるためには、明確な「ビジョン」を示す必要があると考え、中期経営計画の策定と併せて企業理念の再整理も行いました。

我々の持つ強みを活かしながら様々な事に積極的にチャレンジをして、10年、20年後も輝き続ける企業を目指すと同時に、日本企業の発展そして社会の発展に寄与してまいりたいと考えております。

2021年12月8日
株式会社エレクトロニック・ライブラリー
代表取締役社長
麻生 康式
代表取締役社長 麻生 康式

ミッション

知恵と技術を結集し、社会に役立つ価値をメディアと共に創造・発信し続ける

ビジョン

企業活動になくてはならない情報インフラとなる

バリュー

ELNET の成長は顧客と共にあらねばならない

ELNET の成長は社員の成長と共にあらねばならない

ELNET では社員が仕事を通じて働きがいと生きがいを感じる事が出来る

ELNET では仕事を通じて社会に貢献する事を目的とする