新聞や雑誌の記事をめぐる様々なケースにおける著作権についてイラストを含めてご紹介いたします。

事案 01

社内掲示板に記事を載せちゃった

広報担当者が、社内の電子掲示板(イントラネット)に自社の製品に関する新聞・雑誌記事を3ヶ月に渡って掲載。 本社、全国の支社から約7,000回のアクセスがあったが、内部告発により表面化した。

社内掲示板に記事を載せちゃった

結果 01

約40万円の損害賠償を命じられた

新聞社や雑誌社など発行元の許諾をとっていなかったため、記事の筆者から複製権・公衆送信権の侵害として損害賠償請求を起こされた。裁判では侵害が認められ、電子書籍として販売された場合の使用料などをもとに、約40万円の損害賠償命令が出された。

約40万円の損害賠償を命じられた

記事をスキャンして電子掲示板に掲載することは「複製」にあたるので、閲覧者が社内のみの場合でも複製許諾が必要です。 全国の支社から見られる状態だったことで「公衆送信権」も侵害となってしまいました。

事案 02

無許諾複製、発覚しても改めず

自社に関する新聞記事を、広報課員が新聞社の許諾をとらずに切り抜いて複製、クリッピングを行っていた。新聞社が、違法コピーがないか業界別に聞き取り調査をしたことで判明。新聞社は許諾申請を要請したが、実務担当者は6ヶ月たっても応じることなく、クリッピングを続けていた。

無許諾複製、発覚しても改めず

結果 02

さかのぼって許諾料を支払い

新聞社は、実務担当者の上司と直談判。上司は全面的に非を認めた。クリッピング許諾料は、要請を無視した半年前にさかのぼって支払われた。

さかのぼって許諾料を支払い

許諾が必要だと知らなかった場合もあるでしょうが、このケースは、新聞社からの要請があった時点で分かったはず。担当者レベルで留め置かずにすぐ上司と相談して、許諾などの善後策を取るべきでした。放置すればするほど、さかのぼって支払う場合の予算措置などが大変になります。

著作権についてもっと詳しく

  • 新聞・雑誌記事の著作権について 著作権の概要についてご紹介します。
  • 「著作権」に関するお悩みコーナーユーザのよくあるお悩みについてまとめました

「著作権ブックレット」をプレゼント!!

広報・営業の現場で「著作権」に悩んだら開く本

「著作権ブックレット」をプレゼント!!

クリッピングや記事検索サービスの一週間フリートライアルをお申し込み頂いた方に、著作権のイロハとリスクを解説する冊子をプレゼントいたします。

※要望欄に“ブックレット希望”とご記入下さい

お申し込みはこちらから