新聞・雑誌記事の著作権

新聞・雑誌記事の著作権について

新聞・雑誌記事は著作権法で保護されている「著作物」です。
特定の例外を除き、著作者の許諾なしに無断でコピーしたり、スキャンして社内ネットワークへ取り込んだり、印刷して社内外へ配布することは、非営利目的であったとしても、禁止されています。企業コンプライアンス(法令遵守)の重要性が指摘されている昨今、著作物である新聞・雑誌記事の使用には、著作権者に対する許諾が必要です。

■関連リンク

一般社団法人 日本新聞協会

ELNETのクリッピング記事のご利用範囲

ELNETは、情報の提供社である新聞社・出版社・通信社等と契約を交わすことで、情報提供社が発行し著作権を所有する紙誌面を、データベースに蓄積し販売することの許諾を得ており、ELNET会員規約内のご利用方法であれば、安心してサービスをご利用、ご活用いただけます。
上記の契約に基づいて、クリッピングサービスや、記事検索サービスをELNET会員の皆様に提供しておりますが、新聞・雑誌記事の著作権は情報提供社に帰属しています。また、一義的な著作権が新聞・雑誌などの発行社以外にあるもの、例えば社外の識者による寄稿といった記事の原文イメージは、基本的にはELNETから提供しておりません。
ELNETが各種サービスを通じて会員の皆様に提供する記事原文イメージは、コピーして配布することやFAXで他部署に送信すること、電子データ化して保存することは、情報提供社の権利を侵害する行為として禁止されています。記事原文イメージが複数枚必要な際には出力枚数設定を変更する、必要枚数分お届けするなどの方法もあります。詳しくは、 ELNETへお問い合わせください。

著作権法違反となる事例

新聞・雑誌記事の複製及びクリッピング利用には必ず許諾が必要です。以下のような違法事例にご注意ください。
万が一、違法事例にお気づきの場合は、 ELNETにご相談ください。解決策をご提案させていただきます。

■参照データ

「ELNET会員規約」

記事の複製と著作権について

著作権法に則った新聞記事の利用について

「著作権法を守った上で、新聞記事を活用したい」と検討されている方は、ELNETにご相談ください。また、各新聞社にも下記のお問い合わせ窓口が用意されております。

各新聞社の窓口はこちら

クリッピング業務の著作権Q&A

クリッピング作業を自社で内製もしくは、外注している場合の著作権の注意点について、わかりやすく動画で解説致します。

著作権についてもっと詳しく

  • 「著作権」に関するケーススタディ イラスト入りで好事例と失敗事例をわかりやすくご紹介します
  • 「著作権」に関するお悩みコーナー ユーザのよくあるお悩みについてまとめました

「著作権ブックレット」をプレゼント!!

広報・営業の現場で「著作権」に悩んだら開く本

「著作権ブックレット」をプレゼント!!

クリッピングや記事検索サービスの一週間フリートライアルをお申し込み頂いた方に、著作権のイロハとリスクを解説する冊子をプレゼントいたします。

※要望欄に“ブックレット希望”とご記入下さい

お申し込みはこちらから