第11回 広報の学び舎
取材したくなるプレスリリースの書き方と
広報担当者のための新聞読解法

第11回 広報の学び舎
取材したくなるプレスリリースの書き方と広報担当者のための新聞読解法

昨今、情報収集の媒体は新聞やテレビに加え、ネットニュースやSNSなど多岐にわたっています。その一方で、アメリカの大統領選の投票では、SNSを通したフェイクニュースが多数拡散され、投票行動に影響を与えるなど、大きな社会問題にもなりました。
そんな中、取材に裏打ちされた「確かな情報源」として、いま、新聞メディアの価値が再び注目されています。
今回のセミナーでは、朝日新聞社と読売新聞社の2社から講師をお迎えし、「新聞社への情報発信術」と「新聞からの情報収集術」をテーマにお話しいただきます。

講師紹介:

朝日新聞ジャーナリスト学校
真下 聡 氏

真下聡 氏

早稲田大学法学部卒業後、1989年朝日新聞社入社。東京本社報道局デジタル編集長、デジタル担当補佐などを経て、現在、朝日新聞ジャーナリスト学校ディレクター。

読売新聞東京本社
社長直属 教育ネットワーク事務局部長

岡部 匡志 氏

岡部匡志 氏

横浜市出身、早稲田大学第一文学部卒。1990年、読売新聞社入社。社会部、西部本社(福岡)社会部などで主に事件取材を担当。2007~2010年と、2012年~13年の2回、読売巨人軍に出向。社会部次長、編集局の適正報道委員会委員、社会保障部長を経て、2018年4月から現職。

広報担当の皆さん、写真撮影でこんな悩み、ありませんか?
広報担当の皆さん、写真撮影でこんな悩み、ありませんか?

プログラム

14:30

受付開始

15:00
講演(第一部)
・新聞社に刺さるプレスリリースとは(35分) 講師:真下 聡氏
15:40
休憩(10分)
講演(第二部)
・広報担当者に向けた新聞の読み方(35分) 講師:岡部匡志氏
・記事情報の共有について(10分) ELNET
質疑応答・各新聞社ブースでのご紹介
17:00 閉場

セミナー概要

日程

2019年6月13日(木)15:00~17:00

(受付開始14:30~)

参加費

無料 定員160名 要予約

※応募多数の場合は抽選といたします。
※1社につき2名までお申し込みを承ります
会場

AP東京八重洲通り ルームAB
東京都中央区京橋1-10-7 
KPP八重洲ビル13F
JR「東京駅」八重洲中央口より徒歩6分
東京メトロ銀座線「日本橋駅」より徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩4分
都営浅草線「宝町駅」より徒歩4分

セミナー会場MAP